ロゴ

不動産売却成功のコツ【家を売る主な理由を紹介】

HOME>トピックス>不動産売却をするなら知っておこう【売却に失敗しない秘訣】

どんな理由で家を売るのか

不動産売却をする人によって、売却理由は異なります。そのため、売却しようか悩んでいるという人は不動産売却経験者の売却理由を調べてみましょう。理由が分かれば、自分がどうするべきなのか判断するときの参考になるかもしれません。

不動産売却をする主な理由

  • 離婚
  • 相続
  • 事故物件

売却をするなら知っておこう

不動産売却を考えている人は、売却前に知っておくべき情報を調べておきましょう。売る時期や築年数によって不動産物件の価格は変わってしまうため、事前に確認しておくといいです。

不動産売却をするときに抑えるべきポイント

部屋

市況をチェック

不動産売却をするなら、市況を事前に確認しておきましょう。過去10年間の土地価格の変化などを参考にし市況を判断することで、どの時期に売却したほうが良いのか確認することができると言われています。

季節でタイミングをチェック

市況も大切なチェックポイントですが、引越しが多くなる季節面も確認してみてください。就職・転勤・進学が増える3月から4月は、物件を探し始める人が増えるため需要が増え、市場価格も高くなるでしょう。

築年数

不動産の価値は、立地条件で決まることもありますが大きな基準になるのは物件の状態です。築年数が約15年以上の物件は、修繕費用などのコストがかかてしまうため価格が落ちやすいと言われています。そのため、不動産売却を決心している人は早めに行動した方が良いでしょう。

不動産売却をするなら知っておこう【売却に失敗しない秘訣】

積み木

不動産売却時の注意点

不動産売却をするなら
・売りに出す時期
・物件の築年数
・依頼する不動産会社選び
など、様々な点に気をつける必要があります。その他にも、任意売却売却と一般的な不動産売却の違いを確認しておきましょう。任意売却と一般的な不動産売却の違いは「法的手段によるものか、そうでないか」という部分で判断することができます。