不動産物件探しは早めに行動!外せない条件と物件探しを始める時期

つみき

不動産物件を探し始める時期

引越しを考えている人の中で、まだ物件を探していないという人は不動産物件を探し始める時期をチェックしておきましょう。時期によって部屋の空き具合が変わるため、多くの空き物件の中から部屋探しをしたいという人は、1月頃には部屋探しをスタートさせたほうが良いでしょう。

レディ

ゆっくり引越しをするならピークを過ぎてから

引越しのピーク時期は、就職・転勤・進学の時期でもある1月から4月です。この時期に部屋探しをすれば、空き物件が多いため豊富な物件数の中から選ぶことは可能ですが、他にも部屋探しをしている人は多く存在するため、この時期の引越し作業は慌ただしくなってしまうでしょう。しかし、ピークを過ぎた夏頃は、引越し業者も抑えやすくなっていますし、引越しする人が少ないため慌てずゆっくり物件探しをすることができると言われています。

男女

物件探しの前に決めておくべき事

不動産物件を探すときは、事前にある程度の条件を決めておきましょう。
・部屋の広さ
・設備
・会社や学校までの距離
・自宅周辺の施設環境
など、人によってこだわりたい部分は違います。そのため、自分がどうしても外すことのできない条件は事前に決めておき、物件を探すとき不動産会社に条件に合った場所を紹介してもらいましょう。

室内

不動産会社を選ぶことも大切

気に入る物件を探し、選ぶことも大切ですが長く快適に過ごすためには不動産探しも大切なポイントです。物件を紹介してもらう不動産会社とは、住んでいる間お世話になる場所といっても過言ではないため対応方法などを確認しておきましょう。不動産会社によって、対応方法やトラブル対応の迅速さなどが異なるため、そういった部分は口コミサイトなどを利用して確認してみてください。

間取り図

気になる物件は自分の目で確認する

不動産会社に紹介してもらった物件の中で、気になる場所を見つけたときは資料だけで判断し契約するのではなく、実際に物件を確認してから選ぶようにしましょう。資料では広く見えた部屋でも、実際に見てみるとイメージとは違うというパターンもあります。また、時間帯によって周辺環境の音や日当たりなどが変わるため、そういった部分も引越し前に調べておきましょう。

住宅購入時にチェックするべきポイントベスト3

住宅模型
no.1

住宅周辺の道路環境

不動産物件を購入または、賃貸として借りるときは住宅周辺の道路環境確認しておきましょう。昼間と夜では、同じ場所でも雰囲気が変わるため、昼夜でどのぐらい変わるのか確認しておいてください。人通りが少なく暗い場所だと、トラブルに巻き込まれてしまうケースもあると言われているため多くの人が事前に調べています。

no.2

日当たりや眺め

日当たりやベランダからの眺めも、住宅を購入する前に確認してみてください。日当たりが悪い物件を選んでしまうと、昼間でも部屋が暗い状態のままだったり洗濯物が渇きにくかったりするため、生活していると不便を感じてしまいます。また、高層ビルがあるとビルからベランダや家の中の様子が丸見えになっているというケースもあるため、多くの人が確認しています。

no.3

住みやすい環境か確認

三番目に確認すべきポイントは、住宅近くの周辺施設です。子供がいる人は、歩いて通学できる範囲内に学校があるか確認しておくと通学面では安心できるでしょう。学校以外にも、近くに公園やスーパーなどがあれば生活しやすいと言われています。住宅周辺の施設情報は、実際に歩いて調べることで距離などを確認することができます。